無料エロ漫画|同人誌コミックを読破!-マンガエロイド-

男がヌケる!女が濡れる!アダルト向けコミック満載!

エロ同人誌

【エロ同人誌】文学女子に食べられる

2018/05/16

無料エロ漫画|同人誌コミックを読破!-マンガエロイド-

あらすじ
普段無口で大人しい後輩女子に童貞男子が優しく激しく食べられる…!
文学サークルの後輩女子に密かに恋心を抱いていた僕…
ある日その子から飲みに誘われ…「ある告白」をされた…
後輩は、「その行為」に僕も興奮していることがわかると感激し…
次第に豹変し…優しく…激しく…僕を…!
男子を甘攻めするのが大好きなフェチ系女子に徹底的に射精させられ、
セックスを通じて愛の告白をされる純愛ストーリー
作者:ひまわりのたね
ページ数:64P

無料エロ漫画|同人誌コミックを読破!-マンガエロイド-

エロ同人誌『文学女子に食べられる』の感想・レビュー紹介

今回ご紹介する作品「文学女子に食べられる」は、

 

本ばかり読んでる地味な童貞男子

 

普段は無口で大人しい後輩女子

 

優しく...

 

そして、

 

とっても激しく!

 

エロく!!!!

 

食べらてしまうストーリーです。

 

という事で、作品紹介をしていきたいと思います!

 

大学の文学サークルに所属している僕。

 

性格はおとなしくて、友人は少ないほう。

 

授業が終わるといつも文学サークルの部室で、本を読む毎日。

 

そんな僕にも、気になる女子がいます。

 

彼女は同じ文学サークルの後輩。

 

彼女も読書が好きで、文学部の部室に2人きりになる事が多かったのです。

無料エロ漫画|同人誌コミックを読破!-マンガエロイド-

彼女をチラッと見ては、

 

「気になる...。」

 

「仲良くなりたい...」

 

と思っていました。

 

しばらく経ったある日。

 

文学部の部室でその彼女から

 

「飲みに行きませんか?」

 

と誘われました。

 

だけど...

 

彼女と飲みに行ったあの夜。

 

あんな事になるなんて...

 

お酒を飲んで、酔ってきた彼女。

 

下を向いて、急に黙ってしまった。

 

覚悟を決めたのか、彼女は突然カミングアウトしてきました...。

 

「あの...。」

 

「ずっと言いたかった事があって・・・。」

 

ドキドキ...

 

ゆっくり。

 

そして小さな声で話してきます。

 

「こんなこと、お話しするの・・・」

 

「とっても恥ずかしいんですが・・・。」

 

「な、なに...?」

 

なかなか言いづらい様子。

 

「私...」

 

「少し...」

 

「アブノーマルな趣味があって・・・。」

 

「え...?」

 

「う、うん...。」

 

「先輩の...」

 

「お耳を...。」

 

「少し...」

 

「舐めさせてくれませんか?」

無料エロ漫画|同人誌コミックを読破!-マンガエロイド-

 

ドキドキ…

 

ドキドキドキ……

 

ドキドキドキドキ………

 

僕がずっと好きだった女の子ーーー

 

「その女の子が...」

 

「僕の耳を舐めたいって・・・。」

 

居酒屋の個室で、静かに興奮してしまってる僕・・・

 

「興奮してるなんてバレたくない。」

 

「冷静にならないと・・・。」

 

必死に高まる気持ちを抑えていると、

 

後輩は、僕がもっと興奮してしまう言葉を口にしました。

 

「このあと...」

 

「私のおうちに来ませんか・・・?」

 

カミングアウトしてきた文学女子の家に向かう2人...

 

後輩女子の家に着いて部屋に入ると、甘い匂いと女子の雰囲気が漂う部屋。

 

童貞の僕は、何をしていいのかわからず、ただ受け身で彼女を待つことしか出来ません。

 

そしてこのあと、ビビっていた僕の初体験は、

 

アブノーマルな性癖を持つ後輩女子に、

 

あんな風な

 

予想もつかない行為で、

 

食べられてしまうのでした・・・

 

無料エロ漫画|同人誌コミックを読破!-マンガエロイド-

 

...と、こんなストーリー展開です。

 

「文学女子に食べられる」の見どころといえば、

 

「女の子の積極的で変態的なプレー」

 

耳を舐めていくシーンから、エロいシーンは始まっていくのですが、

 

ベッドの上での文学女子のセリフ!

 

そして、文学女子の耳の舐め方が...

 

本当にエロい!!!

 

そこから畳み掛けるように、エロさが増していくんです!

 

エロい言葉を囁きながら、耳を舐めていく女子。

 

童貞の先輩は、文学女子に息をかけられながら耳を舐められて、

 

気持ち良すぎて、カラダは小刻みにビクビクと震えてしまいます。

 

先輩の興奮している姿を見て喜んだ文学女子。

 

股間が膨らんでるのに気付いて、ベルトに手を伸ばしていきます。

 

パンツのオシッコをする窓みたいな所から、ゆっくり勃起しているチ◯ポを露出させてく文学女子。

 

先輩の勃起しているチ◯ポを見て、

 

「先輩は私のことを思って、こんなになってくれたんだ・・・。」

 

嬉しくなった文学女子は、手をゆっくりと上下に動かしてチ◯ポを愛撫していきます。

 

先輩が、もっと気持ち良くなってくれるように、手を動かす速度を早くしていきます。

 

「ううっ...」

 

「うぅぅううっ...」

 

手コキをされて、ギンギンに固くなっていくチ◯ポ。

 

手コキで射精しても、文学女子の奉仕はこれで終わりではありません!

 

文学女子は先輩のチ◯ポを口に咥えてフェラ・・・。

 

「うぅっ...」

 

「あの子が...」

 

「フェラしてくれてる・・・。」

 

一度出したばっかりなのに、文学女子の口の中に再び射精してしまう先輩。

無料エロ漫画|同人誌コミックを読破!-マンガエロイド-

先輩に告白する文学女子。

 

ずっと好きだったんです。

 

「だけど、こんな性癖を嫌われたくなくて・・・。」

 

告白した女子は、先輩のまだ勃起しているチ◯ポに、ゆっくりまたがっていきます。

 

「先輩...。」

 

「忘れられない、はじめての日にしてあげます。」

 

「先輩をいっぱい、いっぱい気持ち良くしてあげます。」

 

好きな男性を気持ち良くさせたい!

 

という母性本能たっぷりの、地味だけど、変態な後輩文学女子のプレイ!

 

好きな女子のエッチな姿を想像してオナニーしてる男の子が、その女子に童貞を食べらてしまう。

 

「男の人って、こういうのが気持ち良いんですよね?」

 

至れり尽くせりの、女性にリードされる気持ち良いセックス。

 

読んでいてとっても興奮してしまいます!

 

無料エロ漫画|同人誌コミックを読破!-マンガエロイド-

-エロ同人誌
-, , , , , , , , ,